〒664-0027 兵庫県伊丹市池尻3-14-1 TEL:072-787-4122 お問い合わせ・ご相談はお気軽に
診療時間
9:00~13:00
14:30~19:00

休診日/日曜・祝日・土曜午後

兵庫県伊丹市ありい歯科 世界基準の滅菌環境による院内感染予防 噛み合せ治療 予防歯科

入れ歯治療

伊丹駅(JR)のありい歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

噛み合わせでお困りの方へ

求人案内

院長ブログ

HOME»  入れ歯治療

ありい歯科での「入れ歯治療」は時間が掛かるのにも関わらず
口コミ紹介の患者様が多いのは何故か?

入れ歯の悩みに、科学的根拠に基づいた治療をしています

入れ歯の悩みは皆さんそれぞれ・・・

「入れ歯が合わない」

「痛くて噛めない」

「入れ歯が外れる」

毎日の食事のたびに感じるストレス。入れ歯だから仕方が無いと諦めてしまっていませんか?
また、自分に合う歯医者さんが見つからない・・・と、長い間、歯科医院を転々としていませんか?

では入れ歯が合わない原因は何か?

その答えは・・・

本来噛むべき位置で噛めていないこと。

でも、自分で「本来噛むべき位置」が分かっている方はいないと思います。
そもそも無意識に行われるものだからです。

だからこそ「検査」。
あなたにも分からなかった「噛み合わせの問題点」が見えてくるのです。

入れ歯は身体の一部です。

歯科医師の経験や勘だけに頼った治療ではダメなのです。

医学的根拠に基づいて作製されてはじめて、無意識に違和感無く噛める、フィットした入れ歯が出来るのです。

ありい歯科の入れ歯治療へのこだわり

  • 「科学にもとづいた緻密な検査」を行い、入れ歯が合わない原因をきちんと調べます。
  • 「医学的根拠のある治療」「精密な型採り」を妥協せずに行います。
  • 歯科医師と院内歯科技工士の連携により「精密な入れ歯の製作」が可能になりました。




検査機器。一般の歯科医院では殆ど導入されていない

ありい歯科で治療される場合には

「部分入れ歯」の場合は、個々のお口の状態による違いを診断にいれ、なんと2億通りのパターンの中から、あなたに合った入れ歯の設計を決めています

「総入れ歯」の方の場合は、本来噛むべき位置は 1つ ですので この1つしかない位置で正しく噛めるように診ていきます。

新しい入れ歯に作り替えたいと来院される患者様の多くは、ありい歯科での入れ歯治療と他の歯科医院で受けた治療の違いに驚かれます。

そして、ありい歯科で精密な検査を受けて、噛み合わせのズレがあること、下顎のブレがあることに気付くケースが多いのです。

この噛み合わせのズレ・下顎のブレがある限り、フィットする入れ歯は作製できません。

それは入れ歯が合わない原因が、本来噛むべき位置で噛めていないことにあるからです。

ありい歯科では、これらのズレ・ブレを本来の噛むべき位置に戻すことから治療がスタートします。

そして精密な型採りと、院内歯科技工士との綿密な打ち合わせを行いながら、入れ歯を作製しています。


歯科技工士と、その場で細かい打ち合わせを行う

「入れ歯は型採りしたら、すぐ出来るもの」と思っておられる方は、ありい歯科の入れ歯治療は大変に思われるかも知れません。

ありい歯科では、一つ一つの行程を妥協せずに行っていきますので、治療される患者様のご理解とご協力が欠かせないからです。

初めは戸惑っていた患者様も、治療を重ねるごとに噛めるようになると、治療に協力してくださいます。(歯科医師として大変ありがたいことです)

同じ悩みを抱えるお知り合いの方に、ありい歯科を紹介してくださるのも、噛める実体験をされたからだと思います。

患者様に、フィットして違和感無く噛める入れ歯を使っていただきたい!

今までの入れ歯の悩みから開放され、笑顔になっていただきたい!

私は本気でそう思っています。

”入れ歯”の役割を知ることは、快適な入れ歯への第一歩

「歯が無くなったら、入れ歯を入れる」

昔からの一般的な治療法「入れ歯」。その始まりは古く、なんと紀元前と言われています。

医療技術が進歩した今でも「痛い」「落ちてしまう」「がたつく」「よく噛めない」「話しづらい」など、不具合に悩んでおられる方や、噛めないのは入れ歯だから仕方が無いと諦めてしまっている方が多くいるのが実情です。
 

入れ歯は「義歯」ともいいます。義足や義手、人工臓器と同様に大切な身体の一部なのです。
ここでは、そんな大切な「入れ歯」の役割をお伝えしたいと思います。

入れ歯の役割1:咀嚼(そしゃく)

入れ歯には歯を失ったことによる咀嚼機能の低下を補い、回復させる役割があります。
咀嚼によって食べ物を細かく噛み砕き、すりつぶし、唾液と混ぜ合わせて胃で消化されやすい状態にします。

入れ歯の役割2:噛み合わせの安定

噛み合わせが不安定になるのを防ぎ、残っている歯の保全をする役割があります。歯1本1本には、それぞれの役割があります。

前歯は食べ物を噛み切り、小臼歯が咀嚼時の歯の位置調整役を担い、大臼歯は噛み砕き、すりつぶす。

これら歯1本1本の役割が1つでも欠けてしまうと・・・全体のバランスが崩れ、咀嚼の機能が上手くいかなくなってしまうのです。

椅子で例えるなら、椅子の4本の脚のうちの1本が無くなった状態です・・・

椅子は不安定になり、がたついてしまいますよね。
これでは椅子の役割を果たすことは出来ません。

では歯が抜けたまま放って置くとどうなるでしょうか?

  • 抜けた歯の隣にある歯が傾いてくる。
  • 抜けた歯と噛み合っていた歯が骨ごと伸び出るように動いてきます。

これにより、噛み合わせが崩れてしまうのです。

噛み合わせが崩れると、しっかり噛むことが出来ません。自分では噛んでいるつもりでも、実は噛めていないことが多く、咀嚼が十分に出来なくなります。
結果、胃などの内臓に負担が掛かります。

さらに怖いのは、噛み合わせが不安定になる事によって起こるトラブルは長い時間が経ってから問題となることが多いということです。

様々な理由から「入れ歯を作ったけれど使っていない」という方もいらっしゃいますが、歯の健康だけでなく全身の健康にも影響しますので、歯科医院を受診してあなたに合った入れ歯を作ることをお勧めします。

入れ歯の種類について

金属床義歯

金属床

どんな入れ歯?

入れ歯の土台となる部分を金属で作る入れ歯です。

金属を使用することで、薄い土台でも強度を持つことができ、より自然な装着感があります。

また、金属が熱や冷たさを伝えるので、食べ物の味そのものの味を味わえます。

メリットは?

熱や冷たさを良く伝えるので、食事を楽しく召し上がれます。
土台が薄いので、装着した時に違和感が少ないです。

フレキサイトデンチャー

入れ歯のバネが歯茎の色をしており、金属の色が見えず自然な仕上がりとなります。

維持の部分のみ金属となり、素材も普通の素材より強いものを使っています。

【バネの見えにくい入れ歯】

部分入れ歯をお使いの皆さんは、金属のバネを歯にひっかけていらっしゃると思います。このバネにより、入れ歯を横揺れやしずみ込みからなるべく防いでいる仕組みです。

噛む力はかなり強いので、バネも強い維持力や把持力を持つ金属でないと簡単に折れてしまいます。これがバネが金属である理由の一つです。しかし、奥歯にバネをかけるならともかく、前歯にかけていらっしゃる方は見た目が気になる方も多いのではないかと思います。
 

その悩みを減らすために『バネが見えにくい入れ歯』があります。
入れ歯の素材も普通のものより強いプラスチックを使い、バネも歯ぐきと同じ色のものを使い、見た目に入れ歯とわかりにくい構造になっています。
見た目を良くする、普通の入れ歯より強い樹脂を使う・・・という一歩進んだ治療のため、保険適用ではありませんが、見た目を気にされる患者さんには好評です。

入れ歯のQ&A

入れ歯の種類にはどんなものがありますか?
入れ歯には様々な種類があります。大きく分けると、本体が樹脂(レジン等)だけのものと、一部金属を使ったものに分けられます。入れ歯をお考えの場合、事前に医師と相談し選ぶことをおすすめします。
入れ歯は目立ちますか?
多少は義歯と分かる面もありますが、弾性樹脂義歯(フレキシブルデンチャー)など金属部分が見えない義歯もあります。詳しくは医師までご相談ください。
入れ歯を長持ちさせる方法はありますか?
まず定期的に健診を受けることが長持ちの秘訣です。就寝時は取り外し、水の中に入れて保存してください。
また、入れ歯は高温に弱いので、入浴などは特に問題ありませんが、サウナ等を利用される場合は入れ歯を取り外すことをおすすめします。
PAGE TOP